シミは顔にできやすい

顔はシミの原因「紫外線」を最も浴びる場所

 

腕や足は服で覆えますが、顔は常に露出している部分。
日焼け止めを塗っても100%紫外線をカットできるわけではないため、顔は最も紫外線を浴びている部分のひとつです。

 

メラニンを作りだす細胞が顔に一番多い

 

もう一つ、顔にシミができやすい理由として挙がるのがメラノサイトの多さです。
メラノサイトは皮膚の奥の方でメラニンを作り出す細胞です。紫外線などの刺激でメラノサイトが活性化すると、メラニンがたくさん作られてシミの原因になります。

 

このメラノサイトは顔に一番多く分布しているため、顔は体のどの部分よりもメラニンが生成されやすく、結果的に体のどの部位よりも一番シミができやすい場所となります。

 

こする場所や、血行不良の場所はシミができやすい

 

人によってはシミができやすい部分が決まっている場合があります。
シミを消しても再発したりする場合は、シミの部分をこすったり押したりする癖がないか、慢性的に血行不良になっていないか確認してみましょう。こうした条件が揃うとシミができやすくなります。

page top