日焼けによるシミを消す方法

日焼けによるシミの事を、病名では「老人性色素斑」と言います。
学生時代に部活などで日焼けをしていた人など、
紫外線をたくさん浴びていた場合は20代でもこのシミができる場合があります。

 

日焼けによるシミの原因

日焼けによるシミは紫外線が主な原因です。
下記のようなメカニズムによって、何年も前の日焼けが突然シミとして現れます。

 

紫外線などにより皮膚の奥にメラニン色素が発生
排出しきれなかったメラニンが皮膚の奥に残る
ターンオーバーでメラニンが残った皮膚がシミとして肌表面に現れる

 

日焼けによるシミを消すためにすべき4つのこと

 

日焼けによるシミにおすすめの美白コスメ

日焼けによるシミ対策のためのスキンケア用品として、
ぜひおすすめしたいのが富士フイルから販売されているアスタリフト ホワイトです。
その最大の特徴は、「シミ対策のために不可欠な美白成分と保湿成分、どちらもまったくスキがないほどに充実している」という点です。

アスタリフトホワイトの特徴

メラニン色素が発生するのを抑制するだけでなく、
すでに発生してしまったメラニンの分解サポート成分も配合しているため、日焼けによるシミ対策もバッチリです。

初回限定の美白トライアルキットもあり、
先行美容液・化粧水・美容液・クリームのすべてが試せるので、
これから日焼けによるシミ対策をしたい人には特にお勧めです。

価格 1080
評価 評価4.5
備考 トライアル価格、全国送料無料
アスタリフトホワイトの総評

私も実際に使っていますが、まずびっくりしたのが保湿力です。
今までも保湿系のコスメを使っていたのですが、アスタリフトホワイトはそれ以上に潤いました。

しかも美白成分も高い濃度で配合されており、
こめかみにあった気になるシミが以前より薄くなってきたように感じます。

 

 

日焼けによるシミを消す方法

日焼けによるシミを消すステップは以下の通りです。
シミはでき初めの方が消しやすいので、シミを見つけたらケアを徹底しましょう。

 

紫外線対策をしっかり行う

これ以上シミを濃くしない・新たなシミを作らせないために、
日焼け止めをこまめに塗るなど紫外線対策を徹底しましょう。

 

美白美容液、美白化粧水を使う

日焼けによるシミは美白美容液、美白化粧水などが有効です。
日焼け止めで紫外線をカットし、さらに美白美容液・化粧水などの美白成分でメラニンの生成を抑制することで、皮膚の奥にある新たな細胞にメラニンを溜まりにくくなります。
こうすることで、ターンオーバーで生まれ変わった肌がシミのない肌になります。

 

シミに有効な美白成分4種類

 

 

野菜を積極的にとる、ビタミンC、B2を取り入れる

肌の機能を正常にし、ターンオーバーを助ける働きのあるビタミンC、B2を積極的に採り入れましょう。

 

ビタミン剤も効果的ですが、野菜中心の食事を心掛けるなど食生活の改善が最も効果が期待できます。

 

シミに有効な6つの栄養素

 

夜はしっかり休む、血行を良くする

肌の再生を促すため夜10時〜2時の間はしっかり寝る、半身浴をするなど血行を良くするといったことも効果的です。

 

シミを消すにはターンオーバーの促進が大切

 

濃いシミならレーザーも効果的

シミが濃い場合はレーザー治療も効果的です。
逆にシミが薄い場合は劇的な効果が得にくい場合が多いので、美白化粧品でのケアがおすすめです。

 

日焼けをしたら即ケアを

万一日焼けをしてしまった場合は、日焼け後に美白化粧水を使うなど集中的にケアをし、後々のシミのリスクを抑えましょう。
使う化粧水は冷蔵庫などで冷やしておくと、火照った肌をクールダウンすることもできておすすめです。

 

花弁状色素斑はレーザー治療がおすすめ

 

日焼けによるシミには老人性色素斑のほか、強い日焼けをした後にできる花びらのような形のシミ「花弁状色素斑」があります。
花弁状色素斑は美白化粧品でのケアがあまり有効ではなく、レーザー治療の方が効果が期待できます。

page top