ホルモンとシミの関係

お肌の健康と大きな関わりを持っているといわれる、女性ホルモン。
女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」とがあり、これらの女性ホルモンが、相互にバランスを取りあうことで、お肌の健康が保たれているんですね。

 

ところが、ちょっとしたストレスを感じたり、生理の前後であったりというだけでも、女性ホルモンのバランスは崩れやすくなり、シミができやすい環境となってしまうことがあるんですね。

 

特に40代以上の女性に現れやすい症状は「更年期障害」であり、「ホットフラッシュ(上半身のほてり、のぼせ、動機、発汗など)」、「精神不安定」、「血圧障害」、「血行不良」などが代表的なものとなります。
また、この時期に急激にシミが増える方がいらっしゃいますが、これらはすべて、女性ホルモンバランスの崩れによって起こる症状です。

 

最強の美白成分とは?

 

できてしまったシミを、綺麗に消し去ることは非常に困難です。
ですが、美白効果の高い化粧品でケアをしてあげることで、シミを薄くすることはできるんですよ。

 

美白成分の代表選手は、なんといっても「ハイドロキノン」ですね。
このお薬は、「美容外科」や「美容皮膚科」で処方してもらうことができ、「トレイチノン」とセットで処方されることがほとんどです。
また、女性ホルモンに対しては、影響を及ぼす心配はまずありません。

 

「ハイドロキノン」の効果は確かに絶大なのですが、ひとつだけ、注意して頂きたい点があるんです。
それは、あまりにも強い成分であるため、部分的に「白斑(皮膚の色素が抜けて、真っ白になってしまう)」が起きてしまう危険性を秘めているということ。
「ハイドロキノン」を使用する際には、必ず医師の指示に従い、用法・用量を厳守して下さい。

 

ストレスを抱えないで!

 

全般的に、ストレスは美容の大敵です。
その中でも特に怖いのが「精神的ストレス」
「精神的ストレス」を長期に渡り抱え込むことにより、ホルモンバランスの崩ればかりではなく、内臓機能が低下し、特に「肝機能」の悪化が、顕著なシミとして現れてくることがあるのです。

 

「肝臓」は、私たちの体内の毒素を体外へ排出させる役割を担っている大切な臓器のひとつですが、その機能が弱ってしまうことにより、シミという形で、身体の「危険信号」を発信してくれているということなのです。

 

食生活やスキンケアも、シミの改善には大切な事柄ではあります。
ですが、まずは心の内部に目を向けて、シミの改善を行ってみてはいかがでしょうか?

シミができる原因にホルモンバランスって関係あるの?関連ページ

妊娠中のシミ
加齢によるシミの解決策とは?
シミ、ソバカスは遺伝する!?
page top