そばかすは遺伝の影響が強い

そばかすはシミと同様、以下の原因でできます。

 

・紫外線などにより皮膚の奥にメラニン色素が発生
・排出しきれなかったメラニンが皮膚の奥に残る
・ターンオーバーでメラニンが残った皮膚が「そばかす」として肌表面に現れる

 

▽そばかすはシミに比べて遺伝の影響が強い

 

そばかすの原因はシミと同じですが、そばかすは遺伝の影響も強いと言われています。
また白人や黄色人種の色白の人に多いのが特徴です。

 

▽そばかすは消えにくい?

 

そばかすはシミと比較すると消しにくいと言われていますよね。
そばかすは遺伝の影響も強いことから完全に消し去るのは難しいものもありますが、ケアで消せるものもありますし、完全に消えなくても薄く目立たなくすることは十分可能です。

 

 

ここではそばかすを重点的に消すステップを紹介していきたいと思います。

 

そばかすを消す4+1ステップ

 

次の3つを続けていれば1〜2か月でそばかすが薄くなる効果が実感できると思います。
そばかすを消し去るためにはさらに根気が必要ですし、なかなか消えないものもありますが、手軽にできることなので試してみる価値はありますよ。是非やってみてくださいね。

 

日焼け止めを欠かさない

 

そばかすもシミと同様に紫外線の影響で濃くなったり増えたりします。
そばかすを消す・薄くするには、日焼け止めをこまめに塗って肌を紫外線から守ることが何より重要です。

 

美白美容液、美白化粧水などを使う

 

そばかすは皮膚の表皮側にできるため、そばかすを消す・薄くするには美白美容液や美白化粧水が有効です。
美白成分にはビタミンC誘導体、ハイドロキノン、ルミキシルなど様々なものがありますが、どの成分も皮膚の奥でそばかすの元・メラニンが生成されるのを防ぐ働きがあります。

 

日焼け止めをこまめに塗っていても紫外線を完全にシャットアウトできるわけではないので、そばかすを消したい場合は美白成分を年中使用し、メラニンの生成を抑えてあげるのがおすすめです。

 

食事を野菜中心に。ビタミンC、B2などを積極的にとる

 

食生活の改善もそばかすに効果が期待できます。
といっても特別なものを食べる必要はなく、食生活が肉中心の場合は、野菜たっぷりのスープやポトフなどを意識して取り入れるといったことでOKです。

 

野菜にはビタミン・ミネラルが豊富です。ビタミンやミネラルはバランスよく摂取するとより効果が高まりますし、栄養はサプリより食事でとった方が肌に結果が表れやすいようです。

 

しかし忙しくて自炊する暇がない人もいますよね。そうした場合はL−システイン入りのビタミンCサプリをとるのも効果的です。またビタミンB2は肌の再生を促す効果があり、おすすめです。

 

生活習慣を改める

 

肌の再生を促すため夜10時〜2時の間はしっかり寝る、半身浴をするなど血行を良くするといったことも効果的です。

 

それでも納得いかない場合

 

上記で納得いく効果が得られない場合、そばかすに効果が期待できるフォトRF、ライムライトなどの治療を試してみるというのもおすすめです。

 

レーザー治療などは基本的に濃い色のシミ・そばかすには効きやすく、薄い色では効果が出にくいと言われているため、そばかすには効かないタイプのレーザーもあります。
レーザーやフォトならなんでもOKというわけではないので、美容皮膚科などでしっかり相談のうえ試してみてくださいね。

 

なおレーザーやフォトで治療する場合も、美白美容液・化粧水の利用や食事・サプリで栄養面を改善するとより効果的です。

page top