乾燥肌とシミの関係

最近、乾燥肌が気になる・・・。
それと同時に、心なしか、シミが増えた気がする・・・。
これは、30代後半から40代にかけて、グンと増えるお肌の悩みですね。

 

特に秋から冬にかけての、季節の変わり目になると、お肌の乾燥を自覚する方が増えますが、これは、春から夏(3月〜9月頃まで)の外気に湿度(水蒸気)が多く含まれているのに対し、9月以降の外気に含まれる湿度が急激に少なくなることによる、外気の乾燥が原因となっています。

 

お肌は1年中乾燥する環境にさらされている!?

 

外気に含まれる湿度の量により、お肌が影響を受けやすくなるということは前述の通りですが、お肌の乾燥の原因は、なにも外気によるものばかりではありません。

 

たとえば、外気温が低くなる冬の室内を思い出してみて下さい。
あなたが冬の間に過ごしている室内は、暖房器具により、温められているはずです。
実は、この暖房器具がクセモノなんです。

 

たとえば、エアコン。
エアコンの吹き出し口からは、温風が吹き出し、その温風は部屋の中を循環していますよね?
その温風が、室内の湿度を奪ってしまう真犯人なんです。

 

これは、夏も同様。
やはりエアコンから送り出される冷風が、室内の湿度を奪ってしまうのです。

 

ではなぜ、室内の乾燥がお肌の乾燥を招いてしまうのでしょうか。

 

私たちのお肌は、乾燥の危機を感じるや否や、すぐさま皮脂を分泌して、お肌を乾燥から守ろうとする防衛本能が働きます。
皮脂が過剰に分泌された場合には「脂浮き」の原因となり、さらにメイクが崩れやすくなる原因ともなってしまうのです。

 

ついついやってしまいがちなのですが、この時分泌された皮脂をティシュや脂取り紙でむやみに取り過ぎてはいけません。
というのも、こまめに皮脂を取り過ぎてしまうと、お肌は慌てて、さらに多くの皮脂を分泌するようになってしまいます。
つまり、イタチごっこになってしまうということですね。

 

また、あなたが取り過ぎた皮脂の中には、大切な水分も含まれています。

 

ということは?

 

浮いてきた皮脂をこまめに取りすぎないこと、それから身体の内外からの水分補給が大切であるということです。

 

乾燥しがちな室内では、適度な水分の摂取、そして「スプレーウォーター」などで、お肌への水分を補給を行って下さいね。

 

20代後半から急激に減少する、お肌に必要な成分とは?

 

それは、「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」。
これらの成分は、私たちの体内にもともと存在する成分であり、私たちのお肌を健康に保ってくれる、大切な成分であることは、皆さんご存知の通りです。

 

また、一説によると、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」は、10代を100とした場合、40代以降の更年期を迎えるころには、20にまで減少してしまうといわれています。

 

そして、それらの成分が減少してしまうと、自動的に「セラミド」や「エラスチン」などの、お肌の潤いを保つ成分までもが減少してしまいます。

 

すると、お肌にはなにが起こるのでしょうか?
それは「老化現象」である「シミ」「シワ」「たるみ」など、私たち女性にとって、まことに迷惑な現象です。

 

それには、何よりも予防が大切です。

 

「老化現象」に勝つ!その成分とは?

 

まずは、食品に目を向けてみましょう。

 

「老化現象」に対抗できる食品には、「緑黄色野菜」「大豆製品」「豚レバー」「鶏レバー」「牛レバー」「魚の皮」「鶏皮」「うなぎ」「フカヒレ」などがあり、これらの成分を積極的に摂取することにより、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」の減少を遅らせことができます。

 

そして、外側からのケアも忘れてはなりません。
お肌の「老化現象」に効果的な成分は、ズバリ「EGF」です。
この成分は、細胞の増殖や活性化を促す成分としてよく知られています。

 

そして、最近注目を集めているのが「シンエイク」という成分。
これは毒蛇の成分に着目し、科学的に作られた成分ですが、「シミ」「シワ」「たるみ」に高い効果を発揮してくれますので、お肌の老化を食い止めたい方は、ぜひ試してみて下さいね。

 

 

 

page top