シミと紫外線の関係とは?

特に陽射しが強くなってくる5月あたりから、日傘や手袋、日焼け止めクリームの使用など、急に紫外線対策を意識した女性の姿が目立つようになりますね。
身体や顔にシミを作らないためには、紫外線からのブロックが必要不可欠ですが、陽射しが気になり始めてからの紫外線対策では、少々のんびりし過ぎというもの。

 

それでは、紫外線が持っている性質とブロック方法、さらに強い紫外線を浴びてしまったあとのお肌のケアについて説明いたします。

 

紫外線は年中無休!?

 

前述の通り、目に見えて陽射しが強くなってくるのは、およそ5月の連休明けあたりからでしょうか。
ところが、紫外線は年中無休。
それは雲が厚く、陽射しをほとんど感じられない日であっても同様です。

 

そもそも、紫外線とはどのようなものなのでしょうか?

 

それは、太陽から放射される光の中の、「可視光線」ではない光線を指します。
実は、紫外線は「UV(紫外線A)」、「UVB」、「UVC」の3段階に分類されており、それぞれの波長によりお肌が受ける影響は異なってくるのです。

 

まずは「UVA」ですが、これは「生活紫外線」とも呼ばれており、陽射しが強くなる季節(3月〜9月)だけてではなく、秋冬であっても、曇りの日であっても、私たちの日常に降り注いでいると考えてよいでしょう。

 

そして「UVB」ですね。
これは、「UVA」よりもさらに強烈な紫外線で、特に7月、8月の、1年の中でも最も紫外線の放射量が多いといわれている時期に、発生します。
この紫外線の恐ろしいところは、表皮に留まらず、真皮にまで到達し、細胞を傷つけ、さらには「メラニン色素」の元である「メラノサイト」の働きを活発にしてしまうという性質にあります。
また、長時間の照射を受けてしまうと、お肌からは極端に水分が蒸発し、乾燥肌を招いてしまう恐れがあるということも、知っておいて下さいね。

 

最後に「UVC」です。この紫外線は、地球を取り巻く「オゾン層」により遮断されているため、通常では、地球には到達しない紫外線であるといわれています。

 

紫外線を浴びちゃった!さて、どうする!?

 

紫外線をブロックするには、日焼け止めクリームが不可欠。
特に汗をかきやすい時期には3時間おきを目途に、塗り直すことが必要です。
また、手袋、日傘、サングラスなど、紫外線をブロックするアイテムはたくさんありますので、まずはそのようなアイテムを上手に活用し、紫外線からお肌を守りましょう。

 

紫外線がお肌に有害である物質であるということは、ご理解頂けたのではないかと思います。
そうはいっても、100%紫外線からお肌を守ることは難しいですよね?
また、軽い日焼けを「サンターン」、重度の日焼けは「サンバーン」と呼びますが、「サンターン」の状態になってしまうことは、私たちの日常でも、しばしば起こりうるもの。
そのような場合には、紫外線を浴びてしまった日から2日以内に、次のような対処を行ってみて下さい。

 

まず、入浴後に純度の高い「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」、「ビタミンC」配合のローションで、十分にお肌の保湿を行います。
また、キュウリをみじん切りにして小麦粉と混ぜ、「即席ビタミンC」パックとして使用すれば、シミ予防にはとても効果的ですよ!

 

さらに「パセリ」「キュウリ」など、「ビタミンC」含有量の多い食品と、ポリフェノール含有量の多い食品「ニンニク」「赤ワイン」などを食事の中に取り入れてみましょう。

 

美容外科で受けることのできる「美容点滴」の中にも、「ビタミンC」が含まれているものがありますので、即効性を求めるのであれば、気軽に相談してみるとよいでしょう。
「美容点滴」に必要な費用は、4500円前後です。

 

ところが「サンバーン」の状態になってしまうと、かなり厄介。
お肌の炎症が鎮まったころには、シミだらけ・・・。
残念ながら、このような事態は避けられません。
このような場合には、迷わず皮膚科の診察を受け、適切な処置を受けて下さい。

 

 

page top