シミを誘発する「肌刺激」を抑える洗顔方法5

シミを新たに作らない、悪化させないためには綺麗な肌を保つことが大切です。洗顔はその基本とも言えます。
メイク落としや洗顔ではしっかり汚れを落としながら刺激を与えないことが重要です。
ここではメイク落としと洗顔のちょっとしたコツを紹介していきます。

 

肌をこするのはシミの原因になる

 

肌をこするとシミの原因になります。
メイク落としでは、なるべく力を入れずスルスルと落とすのがコツです。
また洗顔では、泡をたっぷり作り、手が顔に触れないように泡だけで肌を洗うようにしましょう。
こうした方法を守ることでシミを予防し、すでにあるシミも薄くなる効果が期待できます。

 

正しい洗顔方法

 

 @顔をぬるま湯で軽くすすぐ
 A洗顔料を泡立てる(泡立てネットを利用するのもおすすめ)
 B皮脂の分泌が多いTゾーン(鼻や額)にのせて洗う
 CUゾーン(顎から頬)を洗う
 D皮膚の薄い目元・口元を洗う
 E首筋まで洗う
 Fぬるま湯で洗い流す
 Gタオルでこすらず、顔を包み込んで水分を吸い取る

 

メイク落としはメイクの濃さに応じて使い分ける

 

メイク落としの洗浄力はオイルが強く、ミルクやクリームは中間、ジェルは優しい洗浄力となっています。
メイク落としは洗浄力が高ければその分乾燥しやすく、また洗浄力が優しすぎるとメイクが落ち切らずにどちらもシミを誘発することになります。
そのためメイク落としはメイクの濃さや肌の状態によって使い分けることが大切です。

 

メイク落としの使い分け方

 

・クレンジングオイル…パーティメイクなどメイクが濃い日
・クレンジングミルク…普段のメイクの日
・クレンジングクリーム…肌が粉を吹いているなど乾燥している日
・クレンジングジェル…日焼け止めしか塗っていないなどメイクの薄い日

 

毎日使用するメイク落としは洗浄力がある程度高く、肌の潤いも残せるクレンジングミルクがおすすめです。

page top