シミになる内的原因とは?記事一覧

シミができてしまう原因はさまざま。「紫外線」や「喫煙」など、外部からの刺激が原因となっていることもありますが、身体の内部の問題が、シミの原因となっていることもあります。そして、忘れてはならないのが「ホルモンバランスの崩れ」です。「ホルモンバランスの崩れ」は、「精神的なストレス」「加齢」「血行不良による冷え性」などが原因となり起こるものですが、さらに、女性ならではの原因により、新しいシミができてしま...

子供の頃には、海やプールで思いっきり日焼けをしても、数か月もすると元に戻ったのに、20代、30代にできたシミはなかなか消えにくい・・・。シミができる原因は様々ですが、幼年期や小学生時代にできるシミは、おもに「ソバカス(雀卵斑)」と呼ばれているものであり、紫外線による日焼けの名残です。このようなシミの多くは、通常であれば、年月と共に消滅あるいは薄くなります。というのは、この時期はお肌の代謝機能(細胞...

お肌の健康と大きな関わりを持っているといわれる、女性ホルモン。女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」とがあり、これらの女性ホルモンが、相互にバランスを取りあうことで、お肌の健康が保たれているんですね。ところが、ちょっとしたストレスを感じたり、生理の前後であったりというだけでも、女性ホルモンのバランスは崩れやすくなり、シミができやすい環境となってしまうこ...

私たちの身体は、無数の細胞組織により形成されており、これらの細胞の「核」の中には「染色体」が存在します。さらに、その中の「DNA」が「遺伝子」として、私たちの心や身体に様々な影響を与えているのです。人間が持つ「遺伝子」とは、先祖や両親から受け継がれた「心の形成」、そして「身体の形成」をつかさどっているものでといえます。つまり、性格や顔、身体の特徴や体質などは、「遺伝子」の影響を大きく受けていると考...

page top