シミを消すためのスキンケア方法記事一覧

まずは肌の内側で新しく生まれる肌細胞を「シミのない」状態にするケアを行います。・紫外線を防ぐ 様々な種類があるシミですが、どのシミも紫外線により悪化する傾向にあります。 日焼け止めを塗る、日傘を差すなど紫外線を直接浴びないよう気を付けましょう。・食生活を改善 新しい肌は食事に含まれる栄養素から作られます。 質の良い肌を育てるためにはビタミンB群、ビタミンCを始めとする肌に良い栄養素を積極的に摂り入...

未来のシミは、実は目視で確認することができます。やり方は簡単です。太陽光が強く差す場所で、鏡で顔を確認してみてください。シミのもとのメラニンが薄く浮き上がって見えます。肌は薄い層が重なってできているため、このように日差しなど強い光を当てると肌の奥のシミが浮き上がって見えるのです。シミの元が確認できたら、表面に出てくる前に徹底的に美白ケアしましょう。早めの対策がシミ予防に繋がります。肌のくすみはシミ...

シミを新たに作らない、悪化させないためには綺麗な肌を保つことが大切です。洗顔はその基本とも言えます。メイク落としや洗顔ではしっかり汚れを落としながら刺激を与えないことが重要です。ここではメイク落としと洗顔のちょっとしたコツを紹介していきます。肌をこするのはシミの原因になる肌をこするとシミの原因になります。メイク落としでは、なるべく力を入れずスルスルと落とすのがコツです。また洗顔では、泡をたっぷり作...

日焼けによるシミの事を、病名では「老人性色素斑」と言います。学生時代に部活などで日焼けをしていた人など、紫外線をたくさん浴びていた場合は20代でもこのシミができる場合があります。日焼けによるシミの原因日焼けによるシミは紫外線が主な原因です。下記のようなメカニズムによって、何年も前の日焼けが突然シミとして現れます。紫外線などにより皮膚の奥にメラニン色素が発生排出しきれなかったメラニンが皮膚の奥に残る...

ファンデーションを塗る(リキッドファンデーションがおすすめ)シミの部分にコンシーラーをのせる(コンシーラーは固めの方がカバー力が高い)パウダーファンデーションを少しコンシーラーの上にのせるリキッドファンデーションの場合は最後に全体にパウダーをのせるシミを隠したい場合はパウダーファンデーションよりリキッドファンデーションの方がおすすめです。またコンシーラーは柔らかいものより固めのテクスチャーの方がカ...

私たちの生活の中には、シミの原因となりうる事柄がたくさん存在しています。それは、外部の刺激であったり、身体の内部に問題があったりします。特にシミの原因になりやすいものをピックアップし、解決方法についてまとめてみました。紫外線の恐怖!シミの原因となる最も恐ろしい外敵は、なんといっても紫外線です。紫外線は3種類に分類されていますが、地球に到達する、すなわち私たちのお肌に悪影響を与えるのは、UVA(紫外...

page top