シミになる外的原因とは?記事一覧

紫外線肌に紫外線があたると、肌を守るために肌の奥でメラニンが作られ、肌が黒くなります。これは日焼けの原理で、肌を黒くすることで紫外線を吸収し、肌の奥が傷つかないように保護しています。こうして作られたメラニンは通常であれば時間とともに排出されますが、一部分でメラニンが作られ過ぎた場合などでは排出しきれず、肌の奥にメラニンが残ってしまうことがあります。これがシミの元です。排出しきれなかったメラニンが肌...

顔はシミの原因「紫外線」を最も浴びる場所腕や足は服で覆えますが、顔は常に露出している部分。日焼け止めを塗っても100%紫外線をカットできるわけではないため、顔は最も紫外線を浴びている部分のひとつです。メラニンを作りだす細胞が顔に一番多いもう一つ、顔にシミができやすい理由として挙がるのがメラノサイトの多さです。メラノサイトは皮膚の奥の方でメラニンを作り出す細胞です。紫外線などの刺激でメラノサイトが活...

特に陽射しが強くなってくる5月あたりから、日傘や手袋、日焼け止めクリームの使用など、急に紫外線対策を意識した女性の姿が目立つようになりますね。身体や顔にシミを作らないためには、紫外線からのブロックが必要不可欠ですが、陽射しが気になり始めてからの紫外線対策では、少々のんびりし過ぎというもの。それでは、紫外線が持っている性質とブロック方法、さらに強い紫外線を浴びてしまったあとのお肌のケアについて説明い...

最近、乾燥肌が気になる・・・。それと同時に、心なしか、シミが増えた気がする・・・。これは、30代後半から40代にかけて、グンと増えるお肌の悩みですね。特に秋から冬にかけての、季節の変わり目になると、お肌の乾燥を自覚する方が増えますが、これは、春から夏(3月〜9月頃まで)の外気に湿度(水蒸気)が多く含まれているのに対し、9月以降の外気に含まれる湿度が急激に少なくなることによる、外気の乾燥が原因となっ...

喫煙と飲酒。イメージ的には、どちらもお肌に悪影響を与えそうですよね?そして、それは正しい考え方です。というのは、お肌にとっては迷惑な「刺激物」なのですから。それでは、喫煙や飲酒がお肌に与える影響について、考えてみることにしましょう。30代からの飲酒は、シミを作りやすい?これは事実です。そして、その根拠は?それは、「内臓年齢」がカギを握っているんです。つまり、内臓の機能に左右される、ということです。...

page top